明壽香Top >>> 台湾茶の美味しい淹れ方


台湾茶の美味しい淹れ方
☆中国茶芸について

中国茶芸といわれるものは、工夫茶のように何種類かの淹れ方はありますが、お茶を美味しく頂く為の作法で、日本の茶道の様に事細かな決まりがある訳ではありません。

日本の茶道に近いものはありますが、お茶の淹れ方・道具・飲み方自体にもこれでなけ
ればいけないという規則・決まり事はありません。
心と時間に『ゆとり』を持って、お茶や道具の事を話題に、濃縮された味わいの美味しいお茶を、愉しく心豊かな気分で嗜むのが中国茶芸です。

日本茶と違い中国茶は千を越える種類がありますので、茶葉によって適した温度・抽出時間・茶器があります。
出来る事なら一番美味しい状態で皆様にお茶を愉しんで頂きたいと思いますので、お茶の淹れ方と飲み方・必要と思われる道具について説明したいと思います。
専用の茶器や環境を整え、心を込めてお茶を淹れることにより、よりいっそうの奥深さに出会えることでしょう。
「明壽香」では、皆様に”好香”(美味しさを香しさとともに表した言葉)と言って頂ける
よう、次のことをお薦め致します。
時間に余裕を持ち、ゆったりとした気分で丁寧に淹れる。
カルキ分を飛ばした水やミネラルウォーターを使う。
沸騰したお湯で淹れる。但し、あまり沸かしすぎぬよう気を付けましょう。
☆必要な道具
     最低限必要と思われる茶具です。 ※( )内は代用品としてお使い頂けるものです。

・ 茶壷(急須)
     蓋碗をお使い頂いても構いませんが、青茶(烏龍茶系)は茶壷をお使いになる事をお勧め致します。

・ 茶杯(猪口)
     湯飲みでも良いのですが、中国茶は濃縮されたお茶をですので小さな茶杯が最適です。出来れば聞香杯もお使い頂き、香りも
     愉しんで頂くとより一層本格式になります。


・ 茶海(ティーポットや大きめのミルクピッチャー)
     茶壷から直に茶杯へお茶を注ぐと、初めは濃度が薄く、後は濃度が濃くなります。茶壷から全てのお茶を一度茶海へ移し替える
     事でお茶の濃度が均一になり、同じ味のお茶を愉しんで頂けます。


・ 茶盤
     茶壷や茶杯にお湯を掛け温める・養壷の為に茶壷にお茶を掛ける等々、お茶を淹れる段階でお湯やお茶を流す作業が幾度も在り
     ますので、茶盤をお使い頂ければお湯やお茶を直接流す事が出来、とても便利です。
     
ここで挙げた以外に有ると便利な茶具は、茶漉し、茶巾です。その他の道具を挙げるとキリがないので、それらは徐々に趣味に合わせて
揃えて頂ければ宜しいと思います。
☆中国茶の淹れ方と飲み方

ここでは初心者の方向きに、一般的な中国茶器を使った中国茶の淹れ方と飲み方を説明させていただきます。
.
壱 ・・・ 茶壷にお湯を注ぎ、その後お湯を人数分の茶杯に移し、全ての茶器を温めます。
      温まった後は、お湯を茶盤へ流します。

弐 ・・・ 茶壷へ茶葉を入れます。(茶葉の量は、茶壷の底が隠れる位が最低量と考えて下さい。茶葉が開ききると、茶壷の中は茶葉で
      溢れ返った状態が適切な量です。)

参 ・・・ 茶葉入れた茶壷にお湯を注ぎます。(お湯の温度は青茶系は90〜100℃程の温度が適していますが、緑茶や花茶系は90℃以下
      が、中国紅茶は90℃以下が目安です。)
      黒茶(プーアール茶)以外の洗茶(一度茶葉をお湯で洗い流す事)は、お好みで行って頂いてよいかと思います。お湯を茶壷から
      溢れる程の量を注げば洗い流す意味もありますし、浮いてくる灰汁は茶壷の蓋をする際に縁で切るように取り去ります。蓋を
      閉めると圧力で注ぎ口や蓋の縁からお湯が溢れ出る量のお湯を茶壷に注ぎます。

四 ・・・ お茶を蒸らします。(抽出時間は種類により異なりますが、茶葉の量を多目にして抽出時間は短めにすることが美味しく飲むコツ
      です。一煎目は30秒〜1分、ニ煎目は一煎目の抽出時間のマイナス10秒、三煎目以降は二煎目の抽出時間にプラス20秒を目安と
      して下さい。)
      蒸らしている間、茶壷にお湯を流し掛けます。(茶壷にお湯を流し掛ける事でより一層お茶の香りが茶壷の中に封じ込められると
      共に、蒸らしが促進されます。)その間に茶杯・聞香杯を温めておいて下さい。

五 ・・・ 蒸らされたお茶を、茶海に移します。(出来ればその際に茶漉しを使用すると、茶杯にお茶を移した際にお茶のカスが残りません。)
      その間に温めておいた茶杯・聞香杯のお湯を流します。

六 ・・・ 茶海の中のお茶を、それぞれの茶杯へ注ぎます。(聞香杯をお使いになる場合は、最初に聞香杯へお茶を注ぎます。そしてお茶を
      注いだ聞香杯の上へ伏せた状態で茶杯を被せます。この状態から茶杯を逆さまにして杯托へ配り分けます。

七 ・・・ お茶を飲む際はまず逆さになっている聞香杯を取り去り、聞香杯に封じ込められたお茶の香りを嗅ぎ愉しみます。

八 ・・・ いよいよお茶を実際に味わいます。中国茶は茶葉の量を多目に使用して、抽出時間を短くするのが美味しく飲むコツだと申し上げ
      ましたが、一煎・二煎・三煎と何煎も飲みながら会話を愉しみつつ、お茶の味が変化していくのも愉しめます。抽出時間を短めに
      すれば爽やかな味わいに、長めにすれば濃厚な味わいに、時には苦味が勝る事もあるかもしれませんが、それも味わいの一つ
      としてお愉しみ下さい。

以上が中国茶の典型的な飲み方の一つです。
お茶の嗜みの一つとして自分なりのスタイルを作り上げる事も楽しみの一つです。
最初にも申し上げましたが、要はお茶を美味しくかつ愉しく飲む事によって、心豊かな気分に成れるのが中国茶芸の醍醐味です。
皆様も中国茶の奥深い魅力を味わいながら、自分なりの工夫茶を作り上げて下さい。
* 蓋碗に、茶葉と熱湯を入れ、直に蓋碗からいただくのも中国茶の一般的な飲み方です。湯の中でゆらめく茶葉の状態を愉しみながら味わえるので、花茶や繊細な新芽を使った緑茶、漢方材料が入った八宝茶におすすめできます。
* 花茶は、耐熱ガラスポットなどを使用して愉しんでみてください。
このページのトツプへ▲
 
spacer
明壽香Topお試しセット緑茶青茶特定商取引法に基づく表示台湾茶の美味しい淹れ方
店主の部屋
台湾・大江屋メールマガジンプレゼントはこちらからサイトマップ純香茶話(メンテナンス中)
spacer
.